断捨離ー執着と妄信

今年も残すところ2ヶ月となりました。早いものです。
そして『クィンテット展』の作品集荷が、8日に迫って参りました。
この2年間に取り組んだ作品と共に過ごす日もあとわずかです。
その後、小休止もなく来年2月に予定されている個展出品の小作品の制作を始めます。

今年の年末も気を抜くことがなかなか難しいことが予想されます。
そこで今から大掃除を少しずつ心がけているところです。
断捨離は、かなり気分転換になります。
大切なものを見極めるためにも、余計なものを持たない生活はとても重要です。
「日々の生活がそのまま人格や制作にそのまま表われるもの」とも思い気をつけています。

人間というものは弱いですから、知らず知らず執着したり盲目的になるものかもしれません。
ものを整理したり捨てる際に、必ずこのことに気付かされます。
ある価値観から自由になるためにも断捨離の習慣は良い修養になります。

最近巷から流れて来るニュースの一つに、『日展』の不正審査の話しがあります。
これなども「いまさら何を言っているの...」と呆れています。
昔から皆周知のことだと聞いていましたから。

審査する方も、そもそもどうでもよいような存在でしかないけれど、
そんな不透明な権威に審査されようとする方もどうかしている。
そんな感じで長く受け止められていたことではないでしょうか。
どちらも崇高な芸術のイメージとはかけ離れた世界の話です。
純粋に美術に取り組んでいる人たちにとっては、とても迷惑なことなのです。

芸術の世界において、すでに権威などどこにもありえません。
あまたの美術団体のどこにも、もうそれはありません。
そして現代美術というジャンルにおいてさえも。
なぜなら、社会そのものに、どこを向いても権威などなくなっているのですから。
せいぜいあるのがブランドなのでしょうが。
しかしそのようなものにすがるような人間が、そもそも独創的なものをつくれるはずがありません。
ちょっと考えれば誰でもわかることです。
現代は、個々人が各々の物差しを持つ時代なのです。

「人がすぐには認められなそうにない」既成概念を打ち破ることをするから芸術家なのです。
その生き様が多くの人に勇気を与えるのだと私は思います。

だから芸術を志すのであれば、楽な生き方がありそうなところには近づかないことです。
人間はそれほど強くはないからです。
そういうところに近づいた瞬間に、勘違いし、妄信し、執着しはじめるのが人間と言えましょう。

ただし意欲的に公募展に出すこと、そのこと自体は尊いことだと思います。
多くの人に作品を見てもらうことで、パブリックな感覚が身に付くからです。
そして、「賞をとらなくて本当に良かった」とほっとするくらいが健全なのです(笑)。

あのような化石のような世界とは対象的に、
どこにも群れずに、自主的、主体的に美術活動をする作家が存在します。
私もその一人です。

来年の損保ジャパン東郷青児美術館で開催予定の『クインテット展』には、
そういう作家たちにスポットがあてられます。
皆様是非、このように自律した作家活動に目を向け、応援して下さい!

『クインテットー五つ星の作家たち』展

出品作家:児玉靖枝、川田祐子、金田実生、森川美紀、浅見貴子

会期:2014年1月11日(土)~2月16日(日)
開館時間:10:00 – 18:00 入館は17:30まで
会場:損保ジャパン東郷青児美術館

〒160-8338 東京都新宿区西新宿1-26-1 損保ジャパン本社ビル42階
Tel. :03-5777-8600(ハローダイヤル:美術館利用案内)
観覧料:一般500円(400円)、大学・高校生300円(200円)、中学生以下無料*(  )内は20名以上の団体料金
主催:損保ジャパン東郷青児美術館、朝日新聞社
協賛:損保ジャパン
アーティスト・トーク
1月11日(土)14:00〜児玉靖枝、川田祐子、森川美紀
1月18日(土))14:00〜、金田実生、浅見貴子

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です