引っ越し奮闘中

新しいアトリエの窓から見える丹沢は、これまで見て来た丹沢とは、印象がかなり違います。以前の場所からは、景色を見渡すようなスケール感がありましたが、ここでは、丹沢が押し寄せて来るような印象があります。景色の一部から、まるではみ出すようにです。そして、その存在感は、威圧感というよりは、やさしく包み込むように、私を見守ってくれているようです。

個展のため中断していた引っ越しがはかどらず、落ち着いて制作に取り組めませんが、そのような中でも丹沢のことを想い、わずかな時間を大切にして制作を続けています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です