NHKラジオ講座

バルセロナ旅行を契機に、4月からNHKラジオ講座を聴きながら制作しています。聞いているのは、英会話入門、フランス語、ハングル語、ドイツ語、スペイン語と、とても欲張っています。

2003年にKIAF(KOREA ART FAIR)で出品したことがきっかけで、韓国で発表する機会が増えました。親しい人が増えてきたので、なんとか片言でも気持ちの通じ合う会話をしたくなります。今まで必要最低限の文章をまる暗記してきましたが、もっともっと「ヨルシミ コンブハゴ シップンデヨ」。

今年はフランス語も必要になりそうです。フランス語は、大学で第二外国語で受講して以来、これまで何の縁もありませんでした。動詞の活用を憶えるのに随分苦労した覚えがあります。とりあえず旅行中に必要な文章をマスターするつもりです。

英会話とドイツ語はブラッシュアップのためです。せっかくの旅行中に、現地の言葉になれてくるのに時間がかかり、人のしゃべっている言葉を聞いて、そういえばそんな言い回しがあったと気づくことばかりです。日頃から聞き慣れておく必要を感じています。

スペイン語までは欲張りすぎているかもしれません。簡単な単語と文法のおおまかな仕組みの知識くらいは持ちたいと聞き始めました。

制作はごく単調な作業なのですが、のめり込むと音も聞こえなくなる瞬間があります。どこまで可能か、しばらく挑戦してみます。一方、能率の良い方法はないかと考えてみました。パソコン上にデータが残るような方法があれば、作業をしない夜の時間にまとめて聞くこともできると思ったのです。昼間聞き流し、夜復習することもできます。

いろいろな方法があることがわかってきました。例えば、TalkMasterというラジオ付きMP3レコーダー。どこかiPodに似ていて魅力的です。でも¥39,800-と、今の私にはハードルが高い価格です。それにもともとiPodを持っているので、両方持って出かけるのは嫌でした。もし携帯で音楽を聴いている人がいたとして、その人はiPodもTalkMasterも買うだろうか?とか、ワンセグを電車で見たい人は、ワンセグ用の携帯と、iPodとTalkMasterとを持ち歩いているのだろうか?などと余計なことを考えてしまいました。早く、iPodがテレビとラジオをAIFFのデータ形式で読み込んだりその場で楽しんだり、テレビ電話もできるという統合的なアイテムに進化して欲しいものです。

ラジオを録音するというのは、中学生以来のことです。とても新鮮な気持ちになりました。明日からは、スケジュールを設定して、各語学講座を録音することになります。

RadioSharkを購入するにあたって、役立った情報を記録しておきます。
http://haobuhao.exblog.jp/1396110/
http://www.griffintechnology.com/products/radioshark/index.php
http://www.rakuten.co.jp/clevery/464805/#433980

RadioShark

RadioShark

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です