大雪の中で

8日の大雪の日に朝から上京しましたが、そのまま関東全域の交通マヒに巻き込まれ、
夜通し一睡もすることなく、吹雪の中で立ったまま、
タクシーを待つ経験をすることになりました。
結局9日の朝になってもタクシーに乗れず、始発で東京駅に戻り、
そのままやむなく長野に引き返して参りました。
予定しておりました日程に美術館、画廊にいることが極めて難しくなりました。
もし9日に私に会うために美術館に行かれた方がありましたら、
ご連絡が遅くなってしまい、大変失礼致しました。

往復の交通費を使ってしまったため、今のところ、上京する目処はありません。
私は不在ではありますが、美術館の作品展示は、どの方からも良いご感想を頂いております。
是非とも会期中までにご高覧頂ければ幸いです。

また明日からはKANEKO ART TOKYOにて個展が開催されます。
すでに作品は送り済みですので、今回画廊の方で展示してもらいました。
是非新しい展開をご覧頂ければ幸いです。

またの機会にお目にかかれることもあるかと存じます。
今後ともよろしくお願い申し上げます。

追伸:

帰りの電車の中で、内省する時間を持つことが出来ました。
内省したことをここに書いておくことにします。

私が今しなければならないことは、皆様にお会いしてご挨拶することではなく、
今後もその期待に応えられるような作品を制作し続けること。

制作以外のことをしようとすると、必ず自然から大きな叱咤を与えられます。
今回は、骨折などをしない内に無事に帰れて良かったと思うべきでしょう。

私に会いに来る方がいるのかもしれませんが、まずは作品をよく見て頂くことが大切です。
私がいると静かに作品を観ることができなくなるかもしれません。

これで良かったのだ。

私は自分の意志で、良かれと思って行動しますが、
それはとても小さな枠の中の判断にすぎません。
私の判断に足りない部分は、自然が必ず私に何かを伝えて補ってくれます。

心から「自然の力はありがたい」と思って帰って来ました。

車窓からは、美しい雪景色を楽しむことが出来ました。
自然が、私の気持ちを喜んでいるかのようでした。

「この自然の力に報いるためにも、もっと制作に打ち込もう」

そう決意出来たのでした。

20140209-112625.jpg

金網フェンスを通り抜けるスズメ

今日その光景は、まるでスローモーションのように見えました。

菱形金網のフェンスをスズメがくぐり抜けて、飛んで行くのです。

菱形の網の縒りの部分に小さな足でしっかり止まり、一瞬静止して頭を低くしてくぐり抜け、
前のめりになったかと思うと、さっと翼を広げて飛び立ちます。

翼を傷めることもなく、いつもの習慣であるかのようにして...、
まるで躊躇している様子もありません。

それを全く別のスズメで、続けざまに2度見たのでした。

けっして、ある特殊なスズメだけに許された行動ではないと言っているかのようでした。

私には、これが私へ向けられたメッセージのように思われてなりませんでした。

この光景を見た後に、とりあえず落ち着いて、無事に先月末の支払いの一部を解決することが出来ました。

あと一つ解決すべきは、6月家賃の延滞分です。
これは10日までに解決しなければなりません。

あのスズメは想像もしないような小さな金網の穴を、見事に通り抜けて飛んで行きます。
フェンスの上を飛ばずに、むしろ面白がって、わざわざ穴をくぐり抜けているかのようです。

目の前の壁を通り抜けられないのは、自らがそれを壁と思い込んでいるからです。
壁に穴が無数に開いているにもかかわらず、人はその前で「スズメでさえも通り抜けられない壁」
と普通は判断して諦めてしまっているのではないでしょうか。

小鳥たちから人生を楽しむ術を教えられました。

世界を自分事として見ていると、世界は私に必要なメッセージを伝えてくれるようになるのだと思います。

ひとつひとつの事柄を大切にみつめる目を持ち続けたい。

自分が気付かないだけで、実は沢山のメッセージが毎日のように届いているのかも知れません。

よく目を見開き、世界に心を開示して行かなければなりません。