自己免疫疾患

午前中近くの相模原中央クリニックへ。
健康診断で精密な血液検査を受けるよう勧められ、
その結果を聞きに行きました。
5年前と変わらず、白血球のある成分が人と違うそうです。
「自己免疫疾患があるはずなんですけど...。」と言われても何もピンと来なくて、
小1時間、いろいろ丁寧に説明してもらいました。

特に思い当たる症状もなく、
それが病気なのか、
単なる個性的な肉体を意味するのか、
結局よくわかりませんでした。

先生も、
「今の状態は、もやに包まれているのかもしれませんが、
確実に数値は異常を示しているんですよ。
ただあるのは、数値の結果だけであって、
それが何であるのかはわかりません。」

ということで、専門家の先生にわからないのに、
私にわかるはずがないという気持ちで一杯になりました。
不安はありませんが、私自身の身体なのに、
実際は何もわかっていないということが、明確になったことは確かです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です