バルセロナへの旅 1日目

2月21日、成田からロンドン経由のブリティッシュエアウェイでバルセロナに到着。
宿泊先はあらかじめネットで予約してあった、
ユースホステル・センター・ランブラスでした。

到着したのは夜11:00過ぎ、手渡された部屋の中は、もう真っ暗でした。
10人程の大部屋で、二段ベット。
共同シャワー室、トイレは部屋を出たすぐ横にありました。
20年ぶりに、滝行をしました。
温かく水量に困らない日本のお風呂とシャワーに、
感謝を忘れていた自分を深く反省することができました。
身体が冷えたせいか、部屋に戻ると逆にホカホカしてきたのはありがたいと、
薄い布団にもぐりこみました。
でもさすがに徐々に熱が奪われ、
持っている服を全部着たり載せたりでめちゃくちゃな状態。

その後暴睡。…….といきたいところでしたが
、私よりも遅く到着した人たちがぞくぞくと入室。
そこではじめて、「どうやらこの部屋は男女混合部屋だ」
ということがわかったのでした。
これまでいろいろなユースを泊まり歩いてきましたが、
これは初めての経験。

どこからか、フランス人の男の子のひそひそ話し。

すてきな子守唄でした。

Posted in

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です