ハンナ・アーレントー映画

昨日、ドイツ出身でアメリカで活躍したユダヤ人哲学者、思想家アーレントの思想の一端を紹介するドイツ映画「ハンナ・アーレント」を見て来ました。監督も女性です。とても心に残る良い映画でした。

アーレントの思想自体が優れていますが、映画も伝えたいことが端的にまとめ上げられていて、色々な意味で見れて良かったとつくづく思いました。

心に残ったアーレントの言葉を書いておきます。

「アイヒマンは、人間の大切な質を放棄しました。思考する能力です。その結果、モラルまで判断不能となった。思考ができなくなると、平凡な人間が残虐行為に走るのです。”思考の嵐”がもたらすのは、善悪を区別する能力であり、美醜を見分ける力です。私が望むのは、考えることで人間が強くなることです。危機的状況にあっても、考え抜くことで破滅に至らぬように」

アイヒマンとは、ユダヤ人の大量虐殺を指揮した人です。1961年に逮捕され、イスラエルで裁判にかけられました。その時の記録ビデオをそのまま組み込んで、違和感のないリアルな映画作りがされていました。

アイヒマンのような人間を作ってはならないと、今は皆思える時代になりましたが、このところ日中韓、ロシア、ウクライナなど国際情勢が非常に不安定です。

戦争が起きてしまうと、真っ先に犠牲になるのは、爆撃で殺される以前に、実は、弱く従順で自分の考えを持たない人たちが、権力に利用されることです。

多くの人にこの映画を見てもらいたいと思いました。

自分なりの哲学を持つこと、自分なりの価値基準を持つこと、あるいはその限界を知ることも大変重要です。そのために子供の頃から芸術や本に触れ、自分の感覚や思考を高める習慣が必要です。

国の用意する教育だけでは、十分ではないのではないでしょうか?あるいは、頼り過ぎることに疑問や危険すらも感じてなりません。全体主義という罠が用意されているからです。

アーレントの著作も是非読まなければと思いました。

追伸:昨日は極寒ながら、素晴らしい青空を見上げることができました。
2014-3-11JPG

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です